健康食品とは何か

最近では健康食品という言葉を耳にすることが多くなってきたのではないでしょうか。今では数多くの方が日常生活にも取り入れていますが、そもそも健康食品とはどういったものなのでしょうか。

実は、アメリカでは1994年に健康食品のサプリメントなどは法律によって制定されており、食品と医薬品の中間に位置づけられています。しかし、日本では健康食品という言葉に対してしっかりとした法律は定義されていません。その為、健康食品は医薬品なのか、食品なのかということを区別することは正確にはできないのです。そのため、医薬品には効能や効果をしっかりと表示をすることができますが、健康食品には効能や効果を表示することはできないのです。このことから医薬品と区別されているということは分かります。これに対して厚生労働省は2001年に保健機能食品制定を創設して、健康食品の中でも保険機能食品と定め、一定の効果や機能が表示できるようになりました。このように、健康食品というのは今では数多く存在していますが、まだまだ医薬品などに比べると歴史は浅く、新しいものとなっています。

健康食品はまだまだ新しいものとなっているので、選ぶ際にはどれにしようと悩むことが多々あると思います。種類も多いですから、悩むことも当然です。選ぶ前にその商品についてしっかりと理解をしておいた方が、たくさんの選択肢の中から最適な商品を選ぶことができますので、今回は健康食品についての豆知識を紹介します。